当山縁起

月海上人再興

当山の縁起は、寺伝では九条関白の創建との事だが、徳川初期の兵火により寺史などが焼失し詳細は不明である。江戸中期の安永年間(1772?81年)に月海上人が再興した。月海上人は「摂津八十八ヶ所霊場めぐり」の開祖であり、上人は徳が高く、辻説法されるところ、たちまち数百人の人々が集まり、毎月21日には多数の信者を引き連れて大師巡りをしたと伝えられている元は「観音院」と称し、場所も15番札所「圓珠庵」の前、現在高津中学校がある場所にあったが、戦災を受け、諸堂宇が全焼し、その後の区画整理のため、現在地に移転を余儀なくされた「観音院」は1923年(大正12年)高津神社の神宮寺であった「観音院」と「智光院」が一緒になりつけられたもので、1952年(昭和27年)現在地(高津高校の前)に移されたとき、名称も「観音寺」と改められた。[参考資料]『摂津国八十八ヶ所霊場案内記』 古寺顕彰会発行

天保8年(西暦1837年)頃に描かれた地図

天保新改攝州大阪全圖
[参考資料]
天保新改攝州大阪全圖

古地図

 

摂津国八十八箇所 (せっつこくはちじゅうはちかしょ)

月海上人墓江戸時代中期安永年間・1772年?1781年)に、四国八十八箇所霊場に擬して、真田山観智院(第16番札所・観音寺)の月海上人により開かれたとされる摂津国(大阪府北部と兵庫県の一部)にある八十八箇所の霊場。江戸時代には、熱心な大師信仰に支えられて殷賑を極めたと伝えられるが、明治の廃仏毀釈、大阪大空襲による被災などで多くの寺院が灰燼に帰すなど、不幸な戦中戦後の荒廃を経て、六大院(第14番札所)前住職・小原孝澄大僧正の積年の念願が実を結び、ようやく昭和55年1月、全札所寺院の結集がなり、霊場再興が成し遂げられた。(参考図書:「摂津国八十八所巡礼」摂津国八十八所霊場会編、朱鷺書房発行)

21日はお大師さん(真言宗の開祖:弘法大師空海)の日で、大師めぐりは江戸時代からレクリエーションの一つでした。大師道は難波21ケ所大師めぐりといい、この付近には多くの史跡がある為、観光コースにもなっています。天王寺区役所→天王寺探訪(Aコース)寺院には、御朱印を集めて巡拝される方も数多く訪れられます。都会の静寂のなかでゆっくりと参拝することができます。

 

現在の観音寺

gaikan寺院は兵火や戦火に幾度も遭い伽藍諸堂を失い明治の廃仏毀釈などにより移転、地所の閉塞とたくさんのものを失いましたが、月海上人が真田山観智院として再興され現在の観音寺へと上人の教えは伝承されています。

そして現在観音寺は、第六十二世 青山 快玄住職により広く人々に開かれた寺院には何が必要かという観点から平成8年に伽藍はビル形式に変更され、館内をバリアフリーとし、室内型の納骨堂などが設置され堂内は明るく開放された空間となりました。誰しもが訪れやすい環境と必要とされる仏事ごとをすべて執り行うことのできる施設、また設備だけでなく訪れる方の不安や悩みを少しでも解消できるよう安息の場所となるよう日々尽力しています。

ページ上部へ戻る